お役立ち情報

オーストラリア旅行(キュランダ編)

 

はいどーも、しょーじです。

今日はオーストラリア旅行でケアンズに行った話をしたいと思います。

ケアンズの中でも今回はキュランダを中心に話していきたいと思います。

ケアンズからキュランダまでは車で行くと約30分ほどですが今回は電車で行かせていただきました。

理由はというと目的地より行く過程に意味があるからなんです。

キュランダの熱帯雨林は世界遺産に登録されていて約1億3000年前に形成された世界最古の熱帯雨林と呼ばれているのです。電車ではこの熱帯雨林の中を通過していくのでまさに白亜紀の恐竜時代の中をを走っていると言っても過言ではありません。

またもう一つの見所は『世界の車窓から』のオープニングに10年以上使われている映像こそキュランダ高原鉄道の車窓からの風景なんです。

そのような理由から今回は電車で行かせていただきました。

電車は午前中に2本お昼過ぎに2本と非常に少なく乗れるのはレアです。

電車はまず市街地から出発するのですが最初のうちはずっと国道1号線に沿って走ります。オーストラリアの国道1号線は世界最長の国道で約1万2500kmあると言われています。数字を言われただけでは想像がつかないと思うので日本で例えてみると北海道から沖縄までの直線きょりが約3000kmになるので約2往復できるくらい長い道路になります。時速60kmでぶっ通しで走って208時間という計算になります。ものすごく長いですね。

次に見えてくる景色がオーストラリアの広大な土地になるさとうきび畑になります。あたり1面がさとうきび畑になっているのですがオーストラリアのさとうきび畑の面積がどれくらあるかご存知ですか?なんと悠々と日本全土の面積を超えてしまうそうです。さすがと言った感じですよね。

その後は世界最古の熱帯雨林のなかに入っていきます。

幸せを呼ぶ青い蝶

キュランダの熱帯雨林にはユリシスという鮮やかな青色をした蝶がいます。蝶の中では最速に部類され、時速約40kmも出すそうです。

そのユリシスなんですがとある伝説を持っているのです。地元の言い伝えではユリシスを1回見ると幸せに2回見ると不幸に3回見るとお金持ちになると言われているのです。

また肩など体にとまった時はさらなる幸せがなんて言われているのです。

スカイレール

キュランダへの交通手段で上記に車と電車の二つをあげさせていただいたのですが実はもう一つ面白い行き方があるんです。それがスカイレールなんです。世界最古の熱帯雨林を上空から見るというものになります。スカイレール自体の交通時間は約30分ほどですが1駅1駅止まり散策時間があるので片道約1時間半ほどで着くと思います。行きは高原鉄道、帰りはスカイレールというのが一番贅沢なキュランダでの交通手段だと思います。

村に到着

キュランダ到着後は静かな村があります。そこには様々な出店やお土産屋さんがあるんですがこのなかでも自分が立ち寄った店を紹介していきたいと思います。まずは超有名なホットドッグ屋さんの 「German Tucker Kuranda」ホットドッグのお値段は7.5$と少しお高めですが王道のソーセージからクロコダイルの肉やエミューの肉など変わり種もたくさんあります。3種類ほど食べさせてもらったのですがどれもすごく美味しかったです。もう一つおすすめしたいお店がアイスクリーム屋さん「Kuranda homemade Icecreme」です。ここには名物おじいちゃんがいて絶妙に昔流行った日本語を話しかけてきます。とても陽気な人なので是非行ってみてください。

まとめ

キュランダに行った際は是非行ってほしいポイントになります。半日あれば行って帰ってこれるので少し早起きをして電車に乗って行ってみてください。

ありがとうございました。