お役立ち情報

シンガポール旅行Part1

はいどーも、しょーじです。

今回はシンガポールに旅行行った時の話を実体験を交えて話していきたいと思います。その中でもおすすめスポットを紹介していきたいと思います。

チャンギ空港

成田空港から日本を出発し、約7~8時間ほどでチャンギ空港に到着します。ぼくはシンガポール国内の観光名所ばかり調べていたので全く知らなかったのですが、実はこのチャンギ空港「世界の空港ランキング2016」というもので総合トップに輝いています。つまりは世界の空港のNo.1ということです。(ちなみに日本は5位に羽田空港がランクインしています。)色々なアクティビティーがあるらしいのですがぼくが利用したのは映画館です。空港に映画館!?って思う人もいるかもしれませんがちゃんとあるんです。ぼくたちは到着が早くチェックインまでの時間をどこかで潰そうと空港周りの遊べるところを検索していたらこの映画館がヒットしました(笑)

映画の内容は割と新しいものばかりで観たい作品ばかりでした。皆さんが気になるのはお値段だと思うのですが、、、なんと無料なんです!!これにはさすがのしょーじも驚きましたね。自分が行ったのはこれくらいなのですが他にもヒマワリ園やバタフライガーデンなどもありどれも無料で楽しむことが出来ます。皆さんもシンガポールに遊びに行った際には到着時、もしくは帰りの飛行機の出発時間までの間でもいいので空港を少し満喫してみてはいかがでしょうか。

到着

チャンギ空港を少しだけ満喫したあとにチャンギ空港から外に出たシンガポールの第一印象は「蒸し暑い!!!」でした。ぼくがシンガポールに行ったのは日本では5月くらいだったんですがシンガポールは1年を通して暑い国なんです。1月~12月までずっと約27度前後をうろうろしています。11月から2月が雨季になるのですがどのシーズンもスコールがあるため非常に湿度が高かったです。なので汗が止まらなかったですね。

マーライオン

ホテルにチェックインしたあとまっ先に向かったのがマーライオンです。シンガポールの超有名観光スポットに当たる口から水を吐き出す上半身がライオン下半身が魚の架空の生き物です。さすがといった感じでマーライオン付近はものすごく混んでいました。写真を撮るには少し並ばないとベストショットは撮れませんでしたね。

今回のまとめ

シンガポール旅行に行った際は行き帰りに余裕を持ち世界一と言われるチャンギ空港を堪能するのもアリなんじゃないかとと思いました。

服装は1年通して半袖半ズボンで大丈夫です。しかし急にスコールがくるためパーカーなど長袖の羽織るものも持っていくのはいいんじゃないかと思います。

そしてマーライオンはマストポイントなので是非行ってみて下さい!

今回は以上です。ありがとうございました。